2009年11月15日日曜日

11/14 AFL (Strasburg 4勝目、Storen 3セーブ目)

11/14の結果
Phoenixは1-0で勝ち。プレーオフ進出マジック1としました。ナショナルズの打者は出番なく、先発Strasburg、クローザーStorenが登板し、打高投低傾向のまま推移しているAFLにしては極めて稀な、1-0の勝利に貢献しました。

Strasburgは予定されていた先週土曜日のオールスター戦を首の寝違えで回避したため、11月2日以来の久しぶりの登板となりました。そういうこともあって、球数64での降板となりましたが、内容は良かったようです。今日のGamedayは球種・球速は表示されませんでしたが、報道によると最速99マイル、多くは96-97マイルだったとのこと。それ以上に、変化球が冴えていたようです。1,2回は三者凡退。3回は二塁打と四球で2人の走者を背負ったものの2つの三振で切り抜けると、4回は三振、四球、三振としたところで球数制限に到達しました。打者14人に対戦して、6三振(うち5つが空振り三振)。AFL単独トップとなる4勝目を記録。今回が最終登板となったとすれば、いい終わり方でした。あるいは、おそらく進むことになるプレーオフで投げるのでしょうか?

StorenはAFLで初めて2回を投げました。8回は無難に抑えたものの、9回は連続ヒット(2本目はバントシングル)の後、敬遠四球もあり1死満塁のピンチを迎え、ひやひやしましたが、後続を連続三振でなんとかしのぎました。まさか劇場型?(笑)

Strasburg 3.2IP 1H 2BB 6K 0R 4.26/1.16 (W4-1)
Storen 2.0IP 3H 1BB 2K oR 0.71/1.34 (S3)

☆Phoenixの1点は、7番打者のMatt Angle(BAL)のAFL第1号によるもの。まさに値千金でした。Phoenixブルペンの矢貫(日ハム)が今日も2回を無失点。しかも1安打4奪三振の快投。依然防御率0.00!

☆SurpriseのAaron Crow(KC)がAFL最終登板。4回を1安打4奪三振と、4試合目の登板で初めて点を取られませんでした。応援したくなくても、好投すれば紹介してあげます(笑)。勝ち星は尽きませんでしたが。

2 件のコメント:

ララ さんのコメント...

こんにちは~!お久しぶりです。

Strasburg様はさすがですね~。第2戦で崩れて、あららと思ってましたが。来季はFAになるのは遅らせたいでしょうから、開幕はマイナーだと思いますが、いつ上がってきますかね~(^-^)

Storenも来季中にはMLBでしょうねぇ。うちにもVolzがいるので、ライバル的なかんじで見てますが(^_^;)まぁVolzはまだまだかかりそうですが(一度先発に移るかもしれませんし)。

そういやBAでWASのランキング出てましたね!ほかの組織には疎いですが、EspinozaとMarreroならMarreroかなぁと思って見てましたが。

estoppel.08 さんのコメント...

Marreroは守備の評価がかなり低いのに対して、
Espinosaは逆にショートとして
やっていけるだけの守備といわれています。
打力だけならMarreroのほうが上でしょう。
メジャーまでの距離は同じくらいかな。
来季中に到達してほしいところです。

Strasburg様・・・・いい響きです。